節約

格安SIMって?楽天モバイルに乗り換えて5,000円の節約ができた話

格安SIMって?

ざっくりいうと安い料金で通信ができ、スマホが使えることです。

有名なところだとY!mobileやUQモバイルなど、大々的に宣伝していますよね。その他にもたくさんの格安SIM会社があります。

格安だから、なにか良くないこともあるかというと…

いままでに格安SIMの会社を3社使ってきましたが、特に不便さを感じたことはありません。

 ただ、格安SIMといってもそれぞれの会社の料金体系により値段は様々です。 

だいたいは現在使用中のスマホを使うことができますが、

格安SIM会社によりdocomo回線、au回線、Softbank回線じゃないと使えない…ということがあります。

回線の種類使用できる格安SIM会社
au回線UQモバイル
LINEモバイル
BIGLIOBEモバイル
イオンモバイル
mineo
docomo回線OCNモバイルONE
LINEモバイル
BIGLOBEモバイル
イオンモバイル
mineo
Softbank回線Y!mobile
LINEモバイル
mineo
各種回線ごとの使用できる格安SIM会社

格安SIM会社は他にも色々あります。  

SIMロックについて

各スマホには『SIMカード』という電話やインターネットに接続するために必要な情報の入ったカードが入っています。

最初からSIMフリーの機種も販売されています。

大手3キャリアで購入した場合には、そのキャリアでしか使えないようになっています。

これがSIMロックです。

現在は機種購入後、基本的には101日たっていればSIMロックを解除できる仕組みになっています。

(ただし、分割で購入している場合はこの限りではありません。)

SIMロックが解除された状態を『SIMフリー』と呼びます。 

SIMロックがかかっていても格安SIMは使えますが、同じ回線に属する格安SIM会社でなければ使うことができません。

SIMロックフリーの状態になると、その縛りはなくどの格安SIM会社でも選ぶことができます。 

格安SIMの料金について

スマホの料金て正直複雑でわかりにくい…。

特に大手3大キャリアだとプランが複雑でわかりにくいことも多いですよね。

 格安SIMのいいところとして、料金体系がわかりやすい、というのもポイントです。

 楽天モバイルだと

楽天スーパーホーダイ


というように、月々使用するデータ量のみで料金が変わるといったシンプルさ。

通話については、10分かけ放題がはじめからついています。

りっち犬

わかりやすくていいね。

格安SIM会社によって、かけ放題に別料金がかかることもあります。(3分、5分、10分など、それぞれの会社によって違いますので、そこもチェック!)

楽天モバイルと格安SIMのメリット・デメリット

我が家は5年ほど前、SoftbankからY!mobileにしましたが安さにびっくりしました。 

その後OCNモバイルにしましたが、OCNモバイルは、10分以内のかけ放題も850円かかったり、データシェアするにも少しかかったと思います…。

(現在は料金プランが変更となっており、正確な金額がわからなくなってしまいました…。 )

そして現在は楽天モバイルにしました!

OCNモバイルでは平均して2台で月々8,000円かかっていたのが、楽天モバイルにして2台で2,960円となりました。

楽天モバイルのメリット

楽天モバイルのメリット

①料金プランがわかりやすい!

最初から10分のかけ放題が組み込まれている!

③楽天会員となるだけで1,500円、1年間安くなる

④使い切っても最大1Mbpsという早い速度でネットがしようできる。

⑤余ったデータ容量は翌月に持ち越せる

高速データ通信on/offで通信量を節約設定にできる。

いつ解約しても大丈夫。解約手数料なし。

月々の支払いで100円につき1ポイントの楽天ポイントをもらうことができる

楽天モバイルのメリット、こんなにたくさんありました! 

少し補足すると…

・使い切っても最大1Mbpsという早い速度でネットが使用できる

単位がわかりにくいですが、通信速度ですね。

だいたいLINEやメールはサクサクうごくので問題なく連絡はとりあうことができます。

動画とかのダウンロードには、少し遅さを感じてしまうかもしれません。

楽天スーパーホーダイ

楽天経済圏と楽天モバイルの併用で使えるメリット

楽天市場でのお買い物のSPUが+1倍(要はポイントで1%還元されます)

普段の楽天市場での買い物や、その他のサービスを利用して、たまった楽天ポイントを使って、スマホ料金が支払える

楽天ポイントクラブ

楽天モバイルと格安SIMのデメリット

ここまでメリットをあげてきましたが、デメリットといえる部分も少ないですがあります。

一般的な格安SIMのデメリット

①無制限のかけ放題を準備している格安SIM会社が少ない

②10分のかけ放題など、それをすぎると通話料金が高くなりがち

③ネットの速度が、混み合う時間帯には安定しない

④キャリアメール(大手キャリア.ne.jp)が使えない

⑤困ったときに、直接店頭で聞くことができない (ネットで問い合わせになる場合が多い)

 楽天モバイルのデメリット

・通信が混み合う時間帯(12時から13時、18時〜19時)は最大300kbps。(この速度だともっさり感があり、動画なども見にくくなります)

りっち犬

ほとんどデメリットないね。

まとめ

スマホ料金も毎月の固定費に大きな割合を占めます!

定期的に見直すと、かなり節約してスマホを使えるようになります!

特に楽天経済圏だと本当にお得だなぁと感じる今日このごろ。

Amazonを使うことがぐっと減りました。

みなさんもスマホの会社、見直してみてもいいかもしれません。 

ではまたね!

ABOUT ME
あんさや
元ナース。実務7年後に退職の後、現在はWebライターとして活動中。夫、娘、息子、犬(りっちさん)との5人家族。小学3年生の娘とともに、プログラミング学習実践中!