本・書評

【オーディオブックの選び方】Audible(オーディブル)とaudiobook.jpを比較!【無料お試しあり】

耳で聞ける本、オーディオブック。「Audible(オーディブル)」「audiobook」が有名ですよね。

入会して聞いてみたいけど、どっちが良いのかわからない
使いやすさや聞きやすさに違いはあるの?
金額の違いは?

など、気になる人もいるのではないでしょうか?

それぞれに特徴・メリットがあるので、難しいのですが…
個人的には本の交換・返品ができるAudible(オーディブル)のほうがおすすめです

3ヶ月前からAudible(オーディブル)で本を聴いていますが、インプット効率はアップしました。

最近になってaudiobook.jpも試してみたので、料金設定やコンテンツ・アプリの使い勝手を比較してみました!

オーディオブックが気になっている人は、無料お試しもあるので見てみてくださいね~。

そもそもオーディオブックって、なに?

オーディオブックとは、「耳で聞くことのできる本」です。

ナレーターや俳優さんが、書籍を朗読してくれるサービスで、手は空いていないけど耳は空いているとき(通勤中や運動中、入浴中や家事中など)にも本の内容をインプットできます!

「読書したいけど、時間ないなぁ…」という人でも、意外と耳だけ空いている時間は多いですよね。

そんな人におすすめのサービスです。

ちなみに、コンテンツ数はAudible(オーディブル)は約40万冊(洋書合わせて)audiobook.jpは約27,000冊

両者ともにビジネス書や小説、子ども向けの絵本や児童書まで、幅広く充実しています!

以前Audibleで使い方の検討をしたときには

  • 家事中
  • 移動中

が一番聞きやすく、おすすめな利用方法となりました。

Audible(オーディブル)の体験レビューは下から!
入会・退会方法についても詳しく解説しています。

【レビュー】Audibleで本を聴いてみた!【メリット・デメリット】「Audible(オーディブル)気になるけど、使い心地はどうなんだろう?」私はよく読書をするのですが、インプットを増やすために、実際に使ってみました。正直登録や解約が面倒くさくて敬遠していましたが、簡単にできますよ〜!記事内では手順やメリット・デメリットも紹介しています。...

Audible(オーディブル)とaudiobook.jpの比較

ここからは、Audible(オーディブル)audiobook.jpの比較をしていきます。

  • 料金設定
  • コンテンツ
  • アプリの使いやすさ

Audible(オーディブル)とaudiobook.jpの料金設定

料金設定は、両者どちらも特徴があります!

金額
Audible月額料金制 1,500円
audiobook.jp 聴き放題月額料金制 750円
audiobook.jp 月額会員制月額 550円〜33,000円

価格については、上記の表のようになっています。

金額だけで見ると、audiobook.jpの聴き放題で月額750円がお得に感じられますよね。

しかし、金額だけで選んでしまうと「意外と高いなぁ…。」「あんまり聞きたいコンテンツがなかったなぁ…」と思ってしまうことも…。

比較検討して、自分に合ったオーディオブックを選びましょう!

Audible(オーディブル)の料金の特徴

ちょっとわかりにくいのですが、月額1,500円でAudible会員となります。

Audible会員には、コインが1枚付与され、好きな書籍と交換できる仕組みになっています。

Audible(オーディブル)は利用者ファーストな点が多いです。

Audible(オーディブル)のメリット

  • 無料お試しで、好きな本が1冊まるまる聴ける!
  • 一度購入した本は、退会後もアプリ内で聞き続けられる
  • 購入した本が気に入らなければ、交換できる(購入後365日以内)
  • Audible会員であれば、コイン消費後も30%OFFで書籍を購入できる
  • 同時に複数端末(最大9台まで)利用可能

など、魅力が大きいです。

ただ1点残念なのが、普通の書籍よりも、かなり高めの販売価格となっている点です。
ビジネス書(1,500円前後)でも、Audible価格は3,000円のものが多くなっています。

あんさや

コイン消費後は正直高くて購入をためらってしまいます…。

Audibleの無料お試しはコチラから

audiobook.jpの料金の特徴

audiobook.jpは料金プランが分かれており、2パターンから選ぶことができます。

聴き放題プラン750円。聴き放題のコンテンツはすべて聴くことができる。
月額会員プラン550円~。ポイント制で、金額が上がるとボーナス付与率も上昇。

聴き放題プラン

audiobook.jp 聴き放題プランのメリット

  • 30日間の無料お試し期間あり
  • 聴き放題プランの対象コンテンツは、750円で聴き放題

聴き放題の750円には、惹かれる人も多いのではないでしょうか?

あんさや

ビジネス書の約半額、小説を含む文庫本と、ほぼ同じ金額で本が何冊も聴ける…魅力を多く感じます!

しかし、audiobook.jpの聴き放題の懸念点として、ベストセラーや新書などが聴き放題プランには含まれていないことが挙げられます。
期間限定で加わることもありますが、期間終了後に聴きたくなったときには有料となります。

「750円で、とにかくたくさんの本を聴きたい!」という人は良いですが、有名な書籍は基本別料金で支払わなければいけない場合が多いです。

また、聴き放題でコンテンツをダウンロードしても、退会後は聴くことができません。

あんさや

「安いと思って登録したけれど、結局聞きたい本は高かった…」という場合も、正直多いかもしれません…。(私はそうでした…。)

デメリットを多く挙げてしまいましたが、audiobook.jpは聴き放題30日間無料サービスを実施しています。

まずは無料で30日間のお試しをしてみて、気に入った書籍が多く聴き放題のラインナップに含まれているようであればこちらの方が安くなるでしょう!

比較中の方は、一度試してみることがおすすめです。↓

オーディオブック聴き放題なら – audiobook.jp

月額会員プラン

550円~の月額会員制で、金額が上がるにつれて、ポイントのボーナス付与率も上昇します。

1ポイント=1円でaudiobook.jp内で書籍を購入できるようになっています。

audiobook.jp 月額会員プランのメリット

  • ボーナスポイントがつくので、お得に購入できる(最大9,000ポイント分がおトク!付与されたポイントは、最大半年まで持ち越し可能。)
  • 普通の書籍と同程度の価格設定(Audibleよりも安い)
  • 期間限定で人気書籍のセールが行われており、安く書籍が購入できる
  • 退会後も購入した書籍を聴くことができる
  • 同時に複数端末(最大4台まで)利用可能

購入した金額以上のポイントが付与されることは嬉しいですね!

最初にポイント付与が大きい金額の月額会員となってから解約しても、使用期限日までは使えるようになっています。

あんさや

Audible(オーディブル)よりも書籍を安価に購入できるのは、大きなメリットです!

例えば…

  • メンタリストDaiGoさんの書籍『自分を操り、不安をなくす 究極のマインドフルネス』
Audible(オーディブル)3,000円(Audible会員であれば2,100円)
audiobook.jp(月額会員プラン)1,540円

  • 岸見一郎、古賀史健著『嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え
Audible(オーディブル)3,000円(Audible会員であれば2,100円)
audiobook.jp(月額会員プラン)1,650円

しかし…audiobook.jpにはデメリットも。

  • 月額の会費の返金は受け付けていない
  • 購入した本の返品や交換も受け付けていない
  • 無料お試しはなし
あんさや

試聴はできるので、ある程度はナレーションの感じも理解できるようになっていますが、やはりAudibleの返品・交換可能のメリットを強く感じます…。

通勤中に本が聴けるアプリ – audiobook.jp

Audible(オーディブル)とaudiobook.jpのコンテンツ量と内容

どちらもビジネス書や小説、子ども向けの絵本や児童書など、ラインナップは豊富です!

ビジネス書は、どちらも朗読なので、あまり違いはないように感じました。

Audible(オーディブル)のコンテンツの特徴

Audibleのコンテンツ内容の特徴

  • 収録されているタイトル数は40万以上(日本語のタイトルは約1万冊)
  • 俳優や声優による朗読が多い
  • Audible退会後も聞き続けることができる
  • 聞いてみていまいちだった場合は返品・交換可能
  • 同時に複数端末(最大9台まで)利用可能

Audible(オーディブル)はコンテンツ量が40万タイトル以上と、圧倒的なラインナップとなっています…!

しかし、その多くは洋書で、日本語のタイトルは約1万冊。
とは言っても、有名どころの書籍はほとんどあると感じます。

そして、外国語のリスニングを勉強したい人には、洋書の聴けるAudible(オーディブル)はおすすめと言えるでしょう。

また、有名俳優・女優や声優を起用している書籍も多いです。

あんさや

好きな俳優さん・女優さんの声が聴けるのはAudibleの大きなメリットですね!

Audibleの無料お試しはコチラから

audiobook.jpのコンテンツ内容の特徴

audiobook.jpは聴き放題プランと月額会員プランと2種類となっています。

聴き放題プラン

audiobook.jp 聴き放題プランコンテンツの特徴

  • コンテンツ量は約1万冊
  • 新書やベストセラー本は少ない
  • 退会後は聴くことができない
月額会員プラン

audiobook.jp 月額会員プラン コンテンツの特徴

  • コンテンツ量は約2万3千冊
  • 新書やベストセラー本もあり
  • 購入した書籍は退会後も聴き続けられる
  • 返品・交換はできない
  • 同時に複数端末(最大4台まで)利用可能

個人的に、小説については、audiobook.jpが優位な部分があったと感じています。

それは、小説を朗読する人数です。

何冊かまでは数えていませんが、Audible(オーディブル)よりもaudiobook.jpの方が複数人で朗読されている場合が多いように感じました。

「小説を多く聴きたい」という場合には、複数人で朗読されているaudiobook.jpのほうが臨場感等もあって楽しめるかもしれません。

オーディオブック配信サービス – audiobook.jp

Audible(オーディブル)とaudiobook.jpのアプリの使い方

アプリの使いやすさは、audiobookに軍配があるように感じました!

Audibleaudiobook.jp
倍速設定0.5倍〜3.5倍0.5倍〜4.0倍
目次表示
しおり機能
スリープタイマー
早送り・巻き戻し30秒ずつ可10秒ずつ可
ドライブモード
アプリ内での購入

<Audibleアプリ>

<audiobook.jpアプリ>

Audible(オーディブル)のドライブモードは操作が簡単に行えるので、運転する時間が長い人にはおすすめです。

速度については若干audiobook.jpの方が優れているように思えますが、4倍速で聴くと、さすがに速すぎて内容の理解が難しい気はします…。

が、早送り・巻き戻しが10秒ごとなのは嬉しいです。聞き逃したときも30秒→10秒であれば、時間を更に節約できますよね。

一番の大きな差は、アプリ上で書籍が購入できる点です。

Audible(オーディブル)はブラウザで購入しなければいけないのに対し、audiobook.jpであればアプリ上で購入できるので、非常に便利です。

あんさや

たくさんの本を選んで聴きたいという人には、audiobook.jpのアプリの方が使い勝手は良いでしょう!

Audible(オーディブル)とaudiobook.jpの比較のまとめ

Audible(オーディブル)とaudiobook.jp。どちらにもそれぞれ優れている点があるので、どちらが良いかは難しいかもしれません。

結論としては

Audible(オーディブル)のメリット

  • 無料お試しができる
  • 高い書籍でも、1コインで購入可能
  • 気に入らなければ、返品・交換が簡単
  • コンテンツ量が40万冊以上と豊富(日本語の書籍は1万冊程度)
  • 複数端末で利用可能

個人的には、返品・交換ができる点や、好きな書籍を1冊無料お試しができることから、Audible(オーディブル)の方が、はじめて聴く方にはおすすめです!

audiobook.jp聴き放題プランのメリット

  • 無料お試しができる
  • 750円という価格で、対象書籍は聴き放題

audiobook.jp月額会員プランのメリット

  • 550円〜会員となることができ、金額に応じてポイントのボーナス付与率が上昇する
  • アプリ内で書籍が購入できる
  • 紙の書籍代と同じくらいの価格で購入できる

このように、それぞれのオーディオブックにはメリットが違います。

Audible(オーディブル)とaudiobook.jpはお試しもできるので、興味のある人は一度聴いてみてはいかがでしょうか?

あんさや

「インプットしたいけど、時間が足りない…」そんな人には、ぜひ一度試してみてほしいです!

以前Audible(オーディブル)のレビューで、メリット・デメリットや会員登録・退会方法について詳しく解説しています。

よかったらこっちも見てみてくださいね〜。

【レビュー】Audibleで本を聴いてみた!【メリット・デメリット】「Audible(オーディブル)気になるけど、使い心地はどうなんだろう?」私はよく読書をするのですが、インプットを増やすために、実際に使ってみました。正直登録や解約が面倒くさくて敬遠していましたが、簡単にできますよ〜!記事内では手順やメリット・デメリットも紹介しています。...
ABOUT ME
あんさや
元ナース。実務7年後に退職の後、現在はWebライターとして活動中。夫、娘、息子、犬(りっちさん)との5人家族。小学3年生の娘とともに、プログラミング学習実践中!